2004年秋学期
卒業論文発表会

最新情報 | 日時・会場 | 卒論関連スケジュール | 卒論本文の提出について | ライブ中継 | 発表者の方へ | 発表の時間割 | 再発表の時間割 | For STAFFs | ログ |


最新情報

  • 2004/12/25: web提出について更新しました

日時・会場

1/22
10:30 - 18:15 @τ11
1/23
10:30- 17:15 @i23

卒論関連スケジュール

日付イベント
12/29
卒論本文提出
1/22
卒論発表会第一日目(徳田研)
1/23
卒論発表会第二日目(村井研)

卒論本文の提出について

卒論本文

卒論本文提出期限
卒論の提出は「PDF」と「紙」の2つが必要です。
いずれも提出は12月29日ですが、 提出時間が異なりますので気をつけてください。
pdfの提出期限:12/29 17:00
紙の提出期限:12/29 20:00
紙とpdfは全く同一のものを提出してもらう事になりますのでpdf提出後は卒論本文の変更は行わないで下さい
PDFの提出
  • 必要なもの
    • PDF(あるいはPS)形式の本文
    • {pdf, ps, txt, doc}形式の親のコメント
紙の提出
  • 必要なもの
    • まとめるためのファイル*3
    • 表紙*3
    • 背表紙*3
    • 親のコメント*3(このフォーマット)
    • 卒論をプリントアウトしたもの*3
  • 提出方法
    1. 卒論をまとめるファイルを3つ用意する.
    2. 表紙背表紙を埋める
    3. 親のコメントはこのフォーマットに埋める
    4. 親のコメント,卒論,タイトル,背表紙をそれぞれ3部印刷する
    5. 親のコメント,卒論をファイルに閉じる.
    6. Δ2F北ミーティングルームに持っていき卒論係に提出
  • ファイルの閉じ方
    • 紙の提出時は印刷したものをファイルに閉じて提出します。
    • ファイルの閉じ方
      • ファイルの閉じ方は2種類あります。これは穴開きのファイルに閉じる方法です。
      1. ショップΔに売っている穴開きのファイルを買う
      2. ショップΔに置いてある穴開け機器で本文とコメントに穴を開ける
      3. 本文の上か下に親のコメントを入れ、ファイルに閉じる。
      4. 表紙と背表紙をファイルに貼る。

ライブ中継について

発表者の方へ

レジュメの印刷

発表者の方は自分の発表までにアップロードしたものと同じレジュメを「30部」印刷して会場のsotsuron係に渡してください。

時間配分

最終発表の発表時間は、発表20分、質疑10分の合わせて30分です。

ベルのタイミング
ベルのタイミングは以下の通りです
  • 発表(20分)
    • 残り5分[1回]
      残り3分[2回]
      時間切れ[3回]
  • 質疑(10分)
    • 残り3分[1回]
      時間切れ[2回]

発表の時間割

使用上の注意

・質疑応答の時間中に質問が出来なかった方は、コメントの列のココをクリッ クして、コメントをお願い致します。
・ログを取っていただける方は、ログの列のココをクリックして、書き込んで 下さい。
・ログをマージする方は、ログのココをクリックして、そのページの中のマー ジボタンを押してください。

1/22 会場: t11

時間 発表者
(KG)
タイトル 初版 PPT レジュメ ログ コメント 親のコメント
10:30 - 11:00 yumi
(KMSF)
yuu
niya
Shelf-Nabigator:貸し出し履歴を用いた書籍相関抽出機構pdfpptresumeココココ
11:00 - 11:30 ichiriki
(ECN)
mika
hitomi
ネットワークゲームの再利用を可能にする通信接続形態切替機構pdfpptresumeココココ
11:30 - 12:00 sada
(ECN)
makoto
hitomi
ELA: 分散型仮想ネットワークの設計と実装pdfpptresumeココココ
12:00 - 12:30 yamakatu
(ECN)
hitomi
広帯域ネットワークに適したトランスポートレイヤープロトコルの設計と実装 - pptresumeココココ -
休憩
13:30 - 14:00 mics
(MOVE)
duh
yurayura
時間的連続性を考慮したサービスローミング環境構築機構の設計と実装pdfpptresumeココココ
14:00 - 14:30 skk
(MOVE)
duh
masato
ソケット層における帯域統合機構の設計と実装pdfpptresumeココココ
14:30 - 15:00 takuro
(MOVE)
duh
yurayura
複数ユーザ存在時におけるコンテキストアウェア機器制御機構の構築pdfpptresumeココココ
15:00 - 15:30 akinori
(ACE)
ide
ユーザの視野と行動に基づく興味をアプリケーションに通知する機構pdfpptresumeココココ
15:30 - 16:00 matsu
(ACE)
tomo
MUGI:利用者の行動履歴と場所の属性を用いた提案型ナビゲーションのための行動モデルpdfpptresumeココココ
休憩
16:15 - 16:45 ryo
(ACE)
ide
生体情報によるフィードバックを用いた情報提供アプリケーションの支援に関する研究pdfpptresumeココココ
16:45 - 17:15 suno
(ACE)
ken
センサノード用スレッドライブラリの設計と実装pdfpptresumeココココ
17:15 - 17:45 sunsaku
(KMSF)
masaya
gengen
ユビキタスコンピューティング環境に適した手指による入力インタフェースpdf - - ココココ
17:45 - 18:15 kazushi
(HORN)
acky
予定された行動に基づいて動く人間を支援するソフトウェアの研究pdfpptresumeココココ

1/23 会場: i23

時間 発表者
(KG)
タイトル 初版 PPT レジュメ ログ コメント 親のコメント
10:30 - 11:00 ymo
(stream)
uhyo
three
JPEG2000を用いた最適映像配信システムの研究pdfpptresumeココココ
11:00 - 11:30 marki
(stream)
kaizaki
qoo
経路制御情報を利用したトラフィック情報予測機構の設計と実装pdfpptresumeココココ
11:30 - 12:00 tsk
(stream)
uhyo
irino
計算機資源に応じた映像配信機構に関する研究pdfpptresumeココココ
12:00 - 12:30 koh39
(sing)
hiddy
sho
LOLCAST: Layered Overlay Multicast Protocolpdfpptresumeココココ
休憩
13:30 - 14:00 kazuhisa
(stream)
uhyo
ringo
パケットフロー特性に着目した映像 音声配信モデルの研究pdfpptresumeココココ
14:00 - 14:30 junk
(neco)
scottie
masa
アドホックグループを対象とした協調作業支援フレームワークの提案と実現pdfpptresumeココココ
14:30 - 15:00 tu-ka
(NACM)
mitsuya
watari
移動計算機群におけるインターネット接続性の動的共有に関する研究pdfpptresumeココココ
15:00 - 15:30 kin-san
(NACM)
saikawa
riho-m
移動体プローブ情報蓄積機構の設計と実装pdfpptresumeココココ
休憩
15:45 - 16:15 miyu
(IA*)
minami
true
DHCPを利用した動的な資源割当手法に関する研究pdfpptresumeココココ
16:15 - 16:45 tani
(IA*)
minami
kwkt
プレゼンス情報を利用したアプリケーションのフレームワークに関する研究pdfpptresumeココココ
16:45 - 17:15 wakutin
(MAO)
ks91
アーティストのコラボレーション支援とコミュニティの形成(クラシック音楽を使った実験)pdf - resumeココココ

upload用ページ(要rgパスワード)

再発表会タイムテーブル

For STAFFs

ログ