2007年度春学期
徳田・村井・楠本・中村・高汐・重近・湧川・バンミーター研究プロジェクト
新規履修希望者の方へ

本ページは徳田・村井・楠本・中村・高汐・湧川合同研究プロジェクトを2007年度春学期から新規履修を希望する学生を対象としたページです.合同研究プロジェクトの具体的な活動内容などについては,こちらを参照してください.

■履修の手順

1. メールで登録する

合同プロジェクトへ参加を希望する場合は,参加を希望する旨を以下のメールアドレスまでご連絡下さい.メールする際には1)学籍番号,2)氏名,3)ログイン名の記入を忘れずにお願いします.メールされた後は新規履修希望者のMLに追加させていただき,そちらを利用して事務連絡などを行うようになります.また,臨時に説明会などを開催する場合も新規履修希望者のMLを利用しますので,忘れずにご連絡下さい.

連絡先メールアドレス:

2. 第一回授業に参加する

第一回授業は4/12(木) 4限〜5限になります.合同プロジェクトの履修に関する説明や,各研究グループ(KG)の紹介などがありますので,必ず参加をお願いします.第一回授業までにメールで登録されていない方でも,飛び入り参加可能です.

第一回授業終了後には,SFC内にて新人歓迎会を開催します.まだ履修を決めていない方でも参加できますので,是非合同プロジェクトの人から話を聞き,履修するかしないかの判断に役立ててもらえればと思います.

3. 学事で履修申告する

履修する事を決定したら,学事の履修申告にて合同プロジェクトを履修してください.履修する研究プロジェクトの教員は,合同研究会の教員(徳田・村井・中村・楠本・高汐・湧川)が担当しているプロジェクトであれば,どれでも構いません.各自の授業日程などの都合にあわせて,履修申告して下さい.また,諸般の事情により履修できない場合でも研究プロジェクトに参加できますので,その際には別途ご相談下さい.

■合同プロジェクトでの活動内容

1. 研究会の授業に参加する

研究プロジェクトの授業は毎週木曜日 4〜5限になります.この時間は研究に関する基礎を修得したり,研究の最先端の状況を知るための重要な時間となりますので,毎週参加して頂くこととなります.それにあわせて時間割の調整などをお願いします.

2. 研究グループ(KG)のミーティングに参加する

合同プロジェクトでは,普段研究グループ(KG)に分かれて研究活動を行っています.(KGの一覧はhttp://www.sfc.wide.ad.jpを参考にしてください)KGはそれぞれ研究テーマ毎に分かれており,各KGは毎週ミーティングをして活動の進捗や,今後の方針,研究に関わる業務について話し合っています.新規履修者の皆さんには今期中に所属するKGを選んで頂きます.

所属するKGを決定するまでは毎週,いずれかのKGのミーティングに参加して頂きます.どのKGのミーティングに参加したかは,毎週木曜の研究会の時間に提出してもらいます.毎週,同じKGに参加するのでも,各KGを巡って頂いても構いません.しかし,なるべく多くのKGミーティングに参加して,自分の興味分野にあったKGを見つけてもらえればと思います.

3. 研究グループ(KG)に所属する

新規履修者の方には,今期中に所属する研究グループ(KG)を決定して頂きます.ただし,今期中であれば任意のタイミングで構いません.自分が所属したいKGを決めた段階で申請できます.所属する際には,KGの代表者(KGリーダ)と話し合った上で,申請してもらう運びとなります.具体的なKG所属の申請手順は追ってご連絡します.KGに所属した後は,毎週 所属するKGのミーティングに参加することになり,2で説明した毎週木曜の授業での申告は必要なくなります.

4. 所属後の流れ

WIP・タームプロジェクト

毎学期,学期末に学生の発表会があります.1学期中に取り組んだ内容と,それを踏まえた今後の活動・研究の展望の発表(WIP)と,実際に研究として取り組んだ活動の発表(タームプロジェクト)があります.新規履修者の方は自由参加でWIPの発表ができます.合同プロジェクトには大勢の教員や研究員の方がいますので,自分が取り組んだ内容に着いて広くコメント・アドバイスを聞ける場となっています.

卒論

合同プロジェクトでは卒論の執筆が必須となっています.

■注意事項

1年生の履修について

SFCでは例外的に1年生からの研究プロジェクトへの参加を認めていますが, 徳田・村井・楠本・中村・高汐・湧川合同研究プロジェクトでは, やる気と興味のある学生は基本的に履修可としています.

履修条件について

合同プロジェクトでは,前提となる授業や,前提となる知識に関して, 履修制限は設けていません. 技能についても全く問いません.研究プロジェクト所属後に, 技能や知識を身につけてもらうための指導をしますので, コンピュータに触った事が無い方でも履修できます. 技能の有無に関わらず,やる気と積極性のある学生を歓迎します.