[ English / Japanese ]

中村・楠本・高汐・バンミーター・植原・三次・中澤・手塚・武田合同研究プロジェクト

慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス
中村・楠本・高汐・バンミーター・植原・三次・中澤・手塚・武田
合同研究プロジェクト

新規履修希望者の方へ

履修の手順

1.第1回授業に参加する
2021年春学期の第1回授業は 2021年4月8日(木)4限-5限に、Zoomを用いて行う予定です。
合同プロジェクトの履修に関する説明や、研究グループ(KG)の紹介などがありますので、必ず参加をお願いします。

今期から履修を希望する方や第1回のURLが届いていない人は、rg-coordinator@sfc.wide.ad.jp宛に@keio.jp あるいは @sfc.keio.ac.jp ドメインのアドレスからメールをください。折り返しURLをご連絡します。

2.学事で履修申告する
履修する事を決定したら、学事の履修申告にて合同プロジェクトを履修してください。履修する研究プロジェクトの教員は、合同研究会の教員(中村・楠本・高汐・バンミーター・植原・三次・中澤・手塚・武田)が担当しているプロジェクトであれば、どれでも構いません。ただし、火曜5限の『水俣研究』(植原啓介)はこれに含まれません。各自の授業日程などの都合にあわせて、履修申告して下さい。また、諸般の事情により履修できない場合でも研究プロジェクトに参加できますので、その際には別途ご相談下さい。



合同プロジェクトでの活動内容

1.研究会の授業に参加する
研究プロジェクト合同で実施する授業回は 木曜日 4限-5限 でおこないます。今学期は、初回と第2回、および学期後半の学生発表回がこれに当たります。 この時間は研究活動のための基礎的な情報を修得したり、研究会の他のグループ・プロジェクトの研究状況を知るための重要な場となります。適宜、時間割の調整などをお願いします。

2. 研究グループ(KG)のミーティングに参加する
合同プロジェクトでは、原則として研究グループ(KG)に分かれて研究活動を行っています。KGはそれぞれ研究テーマ毎に分かれており、各KGは、原則的に毎週ミーティングをして活動の進捗や、今後の方針、研究に関わる業務について話し合っています。新規履修者の皆さんには今期中に所属するKGを選んで頂きます。
所属するKGを決定するまでは毎週、いずれかのKGのミーティングに参加して頂きます。毎週、同じKGに参加するのでも、各KGを巡って頂いても構いません。しかし、なるべく多くのKGミーティングに参加して、自分の興味分野にあったKGを見つけてください。

3. 研究グループ(KG)に所属する
新規履修者の方には今学期の中頃を目途に、所属する研究グループ(KG)を決定して頂きます。詳細については、初回授業時にご説明します。自分が所属したいKGを決めた段階で申請できます。所属する際には、KGの代表者(KGリーダ)と話し合った上で、申請してください。具体的なKG所属の申請手順は追ってご連絡します。KGに所属した後は、毎週 所属するKGのミーティングに参加することになります。

4. 所属後の流れ

WIP・TERMプロジェクト
毎学期、学期末に学生の発表会があります。1学期中に取り組んだ内容と、それを踏まえた今後の活動・研究の展望の発表(WIP)と、実際に研究として取り組んだ活動の発表(TERMプロジェクト)があります。
在籍2学期目以降は、原則としてWIPは必須となっていますが、WIPは合同プロジェクトの中の研究グループ内、あるいは複数の研究グループが共同でおこなう形での発表を原則とします。
TERMプロジェクトについては、基本的には合同研究プロジェクト全体での発表会をおこなうことになります。

卒論
合同プロジェクトでは、TERMプロジェクトに合格した履修者のみ卒業プロジェクト(卒論)の制作が可能となります。卒業プロジェクトの履修を希望する際には、その前の学期までにTERMプロジェクトの発表を行い合格する必要があります。


注意事項

1年生の履修について
SFCでは例外的に1年生からの研究プロジェクトへの参加を認めています。合同プロジェクトでは、やる気と興味のある学生については、基本的に1年生からの履修を可としています。

履修条件について 合同プロジェクトでは、前提となる授業や、前提となる知識に関して、履修制限は設けていません。技能についても全く問いません。研究プロジェクト所属後に、技能や知識を身につけてもらうための指導をしますので、コンピュータに触った事が無い方でも履修できます。技能の有無に関わらず、やる気と積極性のある学生を歓迎します。

  

お問い合わせ

お問い合わせ:rg-coordinator@sfc.wide.ad.jp

リンク

KG(研究グループ)

関連プロジェクト

その他